H“A”NGRY に行きましょう!

キン肉マン、映画、お笑い、雑感など

花戦さ 感想

花戦さ観てきました。

なかなか面白かったですよ。

観る前はてっきりズッコケ華道家が大暴れする歴史物かと思いましたが、結構重かったです。

でも決して暗い訳ではなく、京言葉がまろやかにしてくれてるなあと感じました。

最初は野村萬斎の演じる主人公がバカ過ぎるので全く話が入ってきませんでしたが、慣れるとこのキャラクターしかない!と思わせるものがあります。

やはり役者さんはすごいです。

文化祭で失笑をかった私の演技力ではとても敵いません….😭

 

私の友人に邦画のストーリーはカスだし、演技力がねぇとこき下ろすヤツが結構いますがそんな事ないですよね。

特に歴史物は面白いです。

(歴史的に正しいかは別ですけどね笑)

花戦さも豪華な役者陣ですよね

信長、秀吉、家康は大河ドラマやらでいろんな俳優さんが演じていますがそれぞれなりに違和感なく観れるので不思議ですよね。

佐藤浩市千利休はハマリ役です!

森川葵は初めて知りましたがめちゃ可愛かったです。多分安土桃山時代にこんな可愛い女の子いないだろ🙄

劇中の猿の絵は長谷川等伯が明らかにモチーフでしょう。

確か長谷川等伯は秀吉の寵愛を受けたが殺されてはなかったはず…別人なんでしょうか?

しかしこの映画を観ると秀吉が嫌いになりますね….

 

作品を彩るいけばなも美しく、力強いものばかりで見ごたえがあります。

どうやら池坊短期大学のいけばなコースの生徒さんの作品らしいです。

いけばなも面白いですね。

 

とにかく花戦さオススメですよ!